\ 初月無料!! /
Kindle Unlimited で読書し放題

エンシェールズカラーバター(フラッシュピンク)を使ったらIZAMみたいな髪色になった。

タイトル画像(エンシェールズカラーバター(フラッシュピンク)を使ったらIZAMみたいな髪色になった。)

ナマステ、インド在住(現在一時帰国中)のKome(@chankomeppy)です。

私は毛先と内側をブリーチで脱色しているのだが、パサついてきた&黄ばんできたので、ヘアケアもかねてカラーバターを塗ることにした。

カラーバターといえばエンシェールズ

これまではアッシュ系の色しか使ったことがなかったが、数週間で色落ちするし、年末年始は家族以外の人にはほとんど会わないので、ちょぴり激しめの色にしてみることに…

▼目次はこちら (クリックして表示)

エンシェールズカラーバターとは

説明は必要ないと思うが、何?という方のために公式サイトから引用します。

エンシェールズカラーバターは、話題の塩基性染料+HC染料のヘアカラー剤です。
成分の90%以上がヘアトリートメントでできていて、トリートメントほぼそのものなので、髪を傷めずむしろケアしながら同時にヘアカラーができます。
ハイダメージ毛にも使え、カラー後の手触りはカラー前より抜群にツルサラな仕上がりに。
徐々に色が濃くなるタイプではなく、一度のカラーでしっかり発色します。

http://ancels-colorbutter.com/about/cb.html"【Ancels】カラーバターって何?/a>

フラッシュピンクを使用

エンシェールズカラーバター フラッシュピンク

フラッシュピンクはかなりヴィヴィッド。蓋を開けた瞬間、思わず「おぉ…」と声を漏らしてしまった。

エンシェールズカラーバター フラッシュピンク2
(出店:エンシェールズカラーバター公式ページ)

公式サイトによると、ベースの髪色別でこのように色づくらしい。茶髪もピンク色に発色するだなんて、かなり強い色だこと。

エンシェールズカラーバター フラッシュピンク3
(出店:エンシェールズカラーバター公式ページ)

色の抜け方。2か月くらいは色味を楽しめそう。

▼エンシェールズのカラーバターはドン・キホーテやヴィレッジヴァンガードなどでも取り扱っているが、Amazonで買うのが一番安い

カラーバター塗布前の髪色

カラーバター塗布前の髪色

  • 内側:ブリーチ3回、エンシェールズカラーバターのアッシュパープルを約2か月前、アッシュミルクティーを1か月前に使用
  • 毛先:ブリーチ2回、エンシェールズカラーバターのアッシュパープルを約2か月前、アッシュミルクティーを1か月前に使用
  • 外側(毛先以外):ブリーチなしで染められる髪色で最大限に明るい色味。エンシェールズカラーバターのアッシュミルクティーを1か月前に使用。2週間前にリタッチ済み。

カラーバター塗布前の髪色(毛先)
左: 外側の毛先 / 右: インナー部分の毛先

カラーバターを塗る

エンシェールズカラーバターの説明

説明にある通りシャンプーで髪を洗い(※このときコンディショナーは使わない)、タオルで水分を取り除く。水分を取り除くといっても、最低限の水分は必要なのでタオルで拭き取りすぎないように~・・・水分がカラーバターをなめらかに伸ばしてくれる役割があるらしいよ。

髪の毛をタオルドライしたら、髪の毛を染めるときと同じようにブロッキング。わたしは脱色している部分(毛先・内側)から塗布することにしている。脱色している=一番色を入れたい部分なので。

カラーバター塗布(毛先)
毛先

カラーバター塗布(後頭部)
後頭部

カラーバターを塗ってから少し経つと、上の写真のようにカラーバターの色が白っぽくなる(=色味が髪の毛に浸透している…ということ?)

20分間放置してカラーバターを洗い流す。カラーバターをシャワーでしっかりと洗い流したつもりでも、頭皮などにこびりついて残っていることもあるので、汚れてもいいタオルで髪を拭くこと。

肩にぎりぎりつかないくらいのボブで髪全体に惜しみなく使用したところ、使用量は半分~6割ほどだった。

使用後のカラーバター

カラーバター塗布後の髪色(IZAMピンク)

Before
カラーバター塗布前の髪色

After
カラーバター塗布後の髪色

表面はピンク色というよりも赤味の強い茶色、赤色のような色合い。

ブリーチを3回+過去にアッシュを入れたインナーは、カラーチャートのピンクよりはくすんだ感じの色合いになった。

Before
カラーバター塗布前の髪色(毛先)

After
カラーバター塗布後の髪色(毛先)

絶対にアッシュの影響だと思うのだが、ピンクが少しくすんだことによって全盛期のIZAMのような髪色になった。SHAZNAのボーカルのIZAMイザムね。

X JapanのHideのようなピンクになるつもりが、IZAMピンクになってしまった。

何事も予測通りにはいかない。

さいごに

髪の毛を乾かしてIZAMピンクを見たときは、正直少し焦った。

数時間経ち、いまはこれはこれで結構気に入っている。

年末に忘年会でカラオケがあれば、SHAZNAの歌を披露するチャンスだったが、あいにくコロナで飲み会、ましてやカラオケでワイワイする機会なんて皆無でして…。

せっかくなので、しばらくはSHAZNAをたくさん聞きたい気持ちになりました。

90年代後半のJ-POPはいつ聞いてもいいなあ!

最後までお読みいただき有難うございました♪