Loading...

インドのネットが遅すぎる問題。レポートで4G通信の遅さを再確認。

現在ひっそりと工事中です。そのため表示が崩れている箇所があります。読みにくくなっていたらすいません。

タイトル画像(インドのネットが遅すぎる問題。レポートで4G通信の遅さを再確認。)

ナマステ、インド在住のKome(@chankomeppy)です。

インドはありとあらゆるサービスがスマホアプリで提供されており、スマホなしでは生きていけない国だ。

そんなインドのネット環境は、一言でいうと「遅くて不安定」。快適なネット環境ではないと断言できる(←誰)

世界各国のモバイル通信事情に関するレポートを見つけたので、インドの4G通信事情について数字で改めて確認すると、やっぱりね・・・という結果だった😅😅😅

というわけで、レポートの内容をまとめるよん。

この記事はこんな人にオススメ

  1. インド在住者・旅行者
  2. インドでSIMカードの購入を検討している人
  3. インドでポケットWi-Fiを使う予定の人

はじめに:4G(LTE)の通信速度について

モバイル通信の主流は4G(LTE)。4G(LTE)の一般的な通信速度はどれくらいなのだろうか。

日本の場合

日本でのネット環境は天国だ。非常に安定しており、読み込み中のぐるぐるに遭遇することはないよね。

4G(LTE)の実効速度について、ソフトバンクのホームページで確認してみると、下り72~125Mbpsらしい。

f:id:chankome:20191110030803p:plain
ソフトバンクのサポートページFAQより

インドの場合

私がインドで契約しているのは現地通信会社Airtel(エアテル)の4G(LTE)。

Airtelの4Gインドで最も通信速度が速いと言われており、2018年のSPEEDTESTアワードを受賞している(2019年は未発表)。

2018年スピードテストアワードの結果
2018年SPEEDTEST AWARDのレポートより抜粋(レポート全文(英語)

定期的にSPEEDTESTで通信速度を確認しているのだが、その結果がこちら。

スピードテストの結果

ADSL並みの速度のときもあれば、7月6日のように絶好調なときもある。

ちなみに、Wi-FiマークがついているものはポケットWi-Fiを利用していたときの結果なので、これもモバイル通信とみなしてください。

レポートを見てみよう

Opensignalという会社が全世界の4G通信に関するレポートを公開している。

調査期間は2019年の1月~3月で、87か国4,361万台の端末を対象に調査を実施したもの。

レポート全文(英語)は以下のリンクよりご確認ください。

THE STATE OF MOBILE NETWORK EXPERIENCE

インドで4Gは使えるの?

4Gが使えるかどうかのランキングで、インドは87か国中10位

4G全世界ランキング

インドでは都市部では問題なく4Gが使える

ただし、僻地や山に囲まれたところだと、ネットがつながらないこともある。

例えば、ヒマラヤの近くの村では大手キャリアのSIMは使えず、州政府傘下のローカルSIMのみが利用可能。しかも基本的に2G、運が良くて3Gというような状況だ。こういう場合は諦めるしかない。

インドの4G通信速度は?

下り速度のランキングで、インドは87か国中74位

全世界の下り速度ランキング


▼拡大したものがこちら

全世界の下り速度ランキング(下位を拡大)

想定通りの結果。タイがインドよりも下位にランクインしているのが意外だよね。

インドの人口の多さは誰もが知るところであるが、ここ数年でスマートフォンが爆発的に普及し、日雇い労働者階級の人でも、中国製のiPhoneに似た形状の全画面スマホ(OppoやVivoというメーカーが人気)を持っている。多くのそういう人たちにとって、スマホは、人生で初めての、自分専用インターネットにアクセスできるツールである。

いまだにチェーンメール(何時間以内にこのメッセージを何人に転送しないと〇〇になるという内容のもの)も存在し、時々送られてくるので正直面倒くさい。低所得層だけがそういうことをやっているのかと思うと、きちんとした人もやっているので少々びびる。それくらいみんなスマホが大好き。若者はインスタやスナチャ、TikTokに夢中な人が多く、SNS依存高めである。(印中関係が悪化して中国企業のアプリは使用不可になったため、2020年7月現在TikTokは使えない)

また、インドの通信料金は安く、50GBプランが月々500ルピー程度なので、インド人たちはデータ使用料を気にすることなく、各キャリアが自社ユーザー向けに提供する無料の動画・音楽配信サービスを使って、動画や音楽を楽しんでいる。

Airtelインドの広告
Airtelは499ルピーで75GBも使える

その結果、多くの人があちらこちらでスマホでなにかしらをしているので、常に回線が混んでいるような気がする。特に渋滞にはまっている時に痛感。

これがネットが遅い原因だよね!???

主要国と比較してみる

世界の主要国と比較すると、インドの通信状況がいかによろしくないか一目瞭然だ。

各項目(左から、4Gが使えるかどうか、動画を快適に視聴できるか、下りのスピード、上りのスピード、データ転送の遅延時間)で87か国中何位か示しているのだが、ほぼ全項目において下位(笑)

主要国の通信状況の比較

動画を視聴していると、途中でグルグル(読み込み中)になることも珍しくないよ。

まとめ

日々「ネットが遅いなぁ」と思っていたが、その遅さを再認識。

改めて「遅い」という事実を数字で突き付けられたところで解決策があるわけでもなんでもないのだが、「遅い」という事実を受け止めるくらいしかできないよね。

実際のところ、5Mbps程度の通信速度があれば、スマホで日常的な作業をする分にはそこまで打撃はないような気もするけど、数分に渡る動画をSNSにアップロードする時は辛いかもしれない。

インドを旅行するのに「海外ポケットWi-Fi」を使う場合は、絶対に4Gプランにしてくださいね。少しの金額をケチって3Gプランにしたら2G並みの速度しか出ない可能性もありますからね。