【ちゃんこめBlog】インド在住者ブログ。インド旅行・観光・生活情報をお届け!

インド在住アラサーOLがインドについてあれこれ綴るインドブログ (ᐢoᐢ)/♡

インド旅オタクが選ぶ!インド旅行・観光にオススメのガイドブック

タイトル画像(インド旅オタクが選ぶ!インド旅行・観光にオススメのガイドブック)

インド旅オタクが選ぶ!インド旅行・観光にオススメのガイドブック

ナマステ~、インド在住のKome(@chankomeppy)です。

私はインド旅行が大好き。インドに住み始めてからほぼ毎月インド国内を旅行している。2019年12月現在、41回インド国内旅行をして、66か所訪問。バックパッカー旅行から、大人なインド旅行まで、幅広くこなしてきたつもり。

▼私のインド旅行歴はこちら。

インド旅行・観光をする上で、下調べは欠かせない。そして、下調べにガイドブックは必要不可欠。

しかし、世の中にはたくさんのガイドブックが溢れている。

色んなガイドブックがあってどれにすればいいのか迷っちゃう~」というあなたに、インド旅が大好きな私が、旅行タイプ別にオススメのガイドブック+αをご紹介

この記事はこんな人にオススメ

  1. インドを旅行しようかな~と考えている人
  2. インド旅行用にどのガイドブックを買おうか迷っている人

だれよりも正しいガイドブックをオススメできる自信あり!書籍の画像をクリックするとAmazonの商品ページにジャンプするよ

北インドを旅行する人向け(ツアーや現地に友人がいる場合)

北インドを旅行する人にオススメしたいガイドブックは「るるぶ」と「aruco」。

ただし、ツアーに参加する場合や、頼れる知り合いが現地にいる場合に限る。

というのはこれらのガイドブックは個人旅行には不向きであるため。観光地やお土産、食事の情報がメインで、個人旅行者にとって本当に必要な情報(都市間の移動方法や、さまざまなクラスの宿・レストラン情報、詐欺の手法など)が少ない。

インド初心者さんがこれらのガイドブックのみで個人旅行をするのは危険です。

ツアーに参加したり、現地に知り合いがいたりする場合は、個人旅行者のような心配はいらないので心配ご無用 (ᐡωᐡ*)

ガイドさんや友人が観光地の説明をしてくれると思うので、最悪ガイドブックがなくてもなんとか乗り切ることもできるが、旅行前に気分を最大限に高めるために、そして予習・復習のために、ガイドブックを購入するのがベター。

るるぶ

北インドツアー旅行者にるるぶ をオススメする理由は、以下の3つ。

  1. 北インドの主要観光地の情報のみを厳選して掲載
  2. 旅行前に十分に予習する時間がなくても、インドに行くまでの機内やインド到着後のホテル、移動時間などに、必要な部分をサクッと読む(見る)ことができる。北インドの情報がぎゅ~っと凝縮されている。


  3. 写真が多くてわかりやすい
  4. 綺麗な写真が多く掲載されているので、インド初心者さんでも観光地のイメージが湧きやすい。


  5. Kindle Unlimitedの読み放題対象書籍
  6. アマゾンの「Kindle Unlimited」を利用していれば、無料で読むことができる。ガイドさんいるし、ガイドブック買わなくてもいいや~という人も、無料なら読みたいと思いませんか?

    ⇒ Kindle Unlimited の登録はこちらから

aruco

女性には、るるぶよりも aruco がオススメ。

北インドツアー旅行者(女性)にaruco をオススメする理由は、以下の3つ。

  1. 北インドの主要観光地の情報を女性目線で掲載
  2. タージマハルでがきれいに見える(撮れる)スポットなど、他のガイドブックにはない、女性目線な情報が嬉しい。


  3. 女性向け雑貨・お土産の情報が豊富
  4. アユールヴェーダコスメや雑貨、ショッピングスポットの情報が可愛く紹介されており、お土産を買う際に非常に参考になる。


  5. Kindle版あり
  6. アマゾンの「Kindle版」を購入してスマホに入れておけば、重たい本の持ち運びは不要。観光中はスマホから必要情報にアクセスできる(もちろんオフラインで)。

北インド以外を旅行する人向け(ツアー)

日本人に人気のデリー、アーグラ、ジャイプール、リシケシ、バラナシ以外をツアーで旅行する人は、るるぶやarucoを買わない方がいい。るるぶには一応ムンバイやアジャエロ等の情報も載っているが、やはりメインは北インド。情報量が圧倒的に少ない。

ツアーで北インド以外を旅行する人にオススメしたいガイドブックは以下の通り。

  • 南インド(チェンナイ、ゴア、ケララ等)
    ⇒「地球の歩き方 南インド

  • 西インド(ムンバイ、アジャンタ・エローラ)
    ⇒「地球の歩き方 西インド分冊

  • その他観光地
    ⇒「まちごとインド
    ⇒「現地で売っている薄い日本語のガイドブック

地球の歩き方 南インド

南インドの情報に特化。「地球の歩き方インド」に載っていない情報、またはより詳しい情報が掲載されているので、南インド旅行には欠かせない一冊

カバー範囲は、ゴア、タミルナードゥ(チェンナイ、マハーバリプラム等)、カルナータカ州(バンガロール、ハンピ等)、ケララ(コチ、アレッピー等)の4州+ラクシャディープ諸島。都市や観光地の情報に加え、南インドの宗教や食事、文化についても詳しく説明がある。

全日空(ANA)の成田=チェンナイ線(直行便)の就航により、南インドのツアーが一気に増えた印象がある。チェンナイを起点とした南インドツアーに参加する!という方にオススメ!

※※※ 注意 ※※※
「地球の歩き方 南インド分冊」ではありません!南インド分冊は、地球の歩き方インドの「南インド」の部分のみを抜粋したもの。ここで紹介しているのは、「地球の歩き方 南インド」です。南インド分冊ではないので、ご注意ください!

地球の歩き方 西インド分冊

「地球の歩き方インド」のうち、「西インド」部分を抜粋したもの。西インドの情報を幅広く網羅しているが、ツアーに含まれないであろう都市の情報も含まれているので、実際に読むべきページは少ない。

アジャンター・エローラ遺跡の地図と説明がわかりやすいので、←完全にこれ目当て

インド全土の情報は必要ないので、分冊で必要な部分(西インド部分)のみ安く購入するのがオススメ

まちごとインド

マイナー都市系ツアーに参加する場合にオススメしたいのが、「まちごとインド」というKindle本。

インドの都市の詳しい情報が、州単位、または都市単位でまとめられている。

Kindle Unlimitedを利用していれば読み放題、つまり無料で読める。

⇒ Kindle Unlimited の登録はこちらから

▼州別はこんな感じ(他にももっとあります)

▼都市別はこんな感じ(他にももっとあります)

Kindle Unlimitedユーザーになれば読み放題なので、これらは全てダウンロードし放題。旅行前にスマホやタブレットにダウンロードしておけば、観光中に見ることができて非常に便利。(私もよく読んでいます!)

⇒ Kindle Unlimited の登録はこちらから

▼Amazonで「まちごとインド」で検索すればたくさん出てくるので、見てみてね!

現地で売っている薄い日本語のガイドブック

エレファンタ島のガイドブック①
エレファンタ島のガイドブック②

古くから世界遺産に登録されている場所で、「外国人ツアー観光客が来るけどちょっとマイナー」に分類されるようなところには、チケット売り場の近くで、薄い日本語のガイドブックが売られている。

怪しい…」と思って素通りするなかれ。地球の歩き方を余裕で上回る内容の濃さ、現地でガイドが必要ないくらい、詳しい情報が載っている。

お値段は交渉力次第だが、どんなに高くても100ルピー~200ルピーで購入できる。基本的に買う人が全然いないので色あせていたり汚れている。その場合は少し駄々をこねれば50ルピー~100ルピーで買えるだろう。

個人旅行者・バックパッカー向け

地球の歩き方 インド

個人旅行者は、「地球の歩き方」一択でしょう。

バックパッカーのバイブル、と言われている(いた?)が、別にバックパッカーでなくとも必要な情報ばかり。

高級ホテル~安宿の情報、都市間の移動方法、市内中心地の情報、レストラン情報、買い物する場所の情報…基本的に個人旅行者目線で書かれているので、非常に参考になる。

世界遺産などの有名観光地は、見開きページに細かい説明があるので、観光地でガイドを雇わなくても、必要最低限、かつ十分な情報を得ることができる。

個人旅行で地球の歩き方を利用する際に注意したいポイントは以下の3点。

  1. 地球の歩き方の情報を100%信頼しないこと
  2. 地図や移動方法に間違った情報が載っていることがある。地球の歩き方の情報を鵜呑みにせず、念のため自分で事前にネットで調べた方がよい。個人旅行は自己責任なのだ。


  3. 最新版の地球の歩き方を使用すること
  4. インドは変化の激しい国。昨年はあった宿やレストランが閉店しているだなんてことも珍しくない。ビザの情報も毎年変わってる。鉄道の情報も毎年変わってる。観光地の入場料も変わってる。変化だらけの国なのだ。有名な観光地の説明だけ見るなら古いものでも問題ないが、情報不足がトラブルを引き起こす。トラブルを回避するためにも、ケチらずにできるだけ最新版を使用することが望ましい
    私も三冊持っています(2010-11、2015-16、2017-18)。


  5. 地球の歩き方をもってウロウロしないこと
  6. 「地球の歩き方を持っている=日本人」というのは詐欺師の間では当たり前。地球の歩き方をもってウロウロするということは、「騙してください」と言っているようなもんである(←さすがに言い過ぎかな?)。とは言っても、地図や観光地の情報を頭の中に完全にインプットするのは無理なので、必要なページをスマホのカメラで撮影してそれを見るとか、事前にGoogle Mapsに登録しておくとか、マイマップを作成しておくとか、方法はいろいろあると思うので、自分が一番やりやすいやり方で自分の身を守ってください。

地球の歩き方に加えて、Kindle Unlimitedユーザは「まちごとインド」(↑上で紹介)も併用すれば、最強

マイナーなところに行きたい個人旅行者向け

ロンリープラネット

インド旅をしていると「インドには、地球の歩き方には載っていない素晴らしい場所がたくさんある」ということに気づいた。地球の歩き方だけが全てだと思っていたのだが、「世界遺産」さえも載っていなかったりする始末だ(別に地球の歩き方を批判しているわけではない)。

しかし、ロンリープラネット(以下、ロンプラ)は、旅行者が行く可能性のあるところは網羅している…さすがとしか言いようがない。

一度ロンプラを見てしまうと、地球の歩き方がるるぶやまっぷるに感じてしまうほど。ロンプラはインド旅行の辞書である。

ロンプラの何が素晴らしいかって、編集者の実名と顔写真が巻末で紹介されているのだ。これが地球の歩き方との大きな違い。地球の歩き方は誰が書いたのかわからず間違いも多いのに対し、ロンプラは「私がこの記事を担当しましたよ~」と出ているので信頼度が高い。

しかしそんな無敵なロンプラにも問題点がある。

英語版しかない
⇒ ある程度英語のリーディング能力がないと全く役に立たない。

文字ばっかり
⇒ リアルに辞書。読みなれた地球の歩き方と構成も違うため、読みづらい。

そこで、個人的にオススメしたいのは、「地球の歩き方」と「ロンプラ」の二刀流

  • 歩き方に載ってない情報のみ、ロンプラで見る。
  • 歩き方でインスピレーションを得て、ロンプラで掘り下げる。

インドのニッチなところに行く予定がある人は、二冊持っているとなにかと便利。

ロンプラは分厚くて重いので家用にするか、Kindle版・PDF版を購入するのがオススメ。

インド旅行前にオススメの書籍

ガイドブックではないが、インド旅行前にこんな書籍はいかがでしょうか。

インド旅行記(1~4巻)

女優・中谷美紀さんのインド旅行記。北インド編、南インド編、東・西インド編、写真編の全4巻。2006~2008年、つまり10年以上も前に発売されたものだが、全く色あせておらず「インドに行ってみたい!」という気にさせてくれる。

女性インド一人旅をしようかな、と考えている人にオススメ

深夜特急(3巻)

バックパッカーのバイブルとして超有名な「深夜特急」のインド・ネパール編。1970年代のインドを描いているため、現在のインドとは異なるが、その違いを楽しむのもまた乙。

インドで鉄道に乗る予定がある人、バックパッカー旅行をしたい人にオススメ

シャンタラム(上・中・下)

インドに不法入国したオーストラリア人のお話(ノンフィクション)。舞台は1980年代のボンベイ(現・ムンバイ)。当時のインドのスラム、マフィア、麻薬、等と言った暗黒部分がリアルに描写されている。

ムンバイに行く予定の人にオススメ。小説にでてくるシーンがいくつもあります

いちばんわかりやすいインド神話

ヒンドゥー教の神様について、神様の関係図や美しいイラスト付きで非常にわかりやすく説明している初心者向けの書籍。

ヒンドゥー教の寺院や遺跡を観光する際、神様のことを何も知らないと「どれも似たようなもんだな~」と思ってしまうだろう。しかし、ほんの少~しだけでも神様について知っているだけで、楽しさが倍増する。どの神様を祀っているのかな?どんな彫刻があるのかな?そんなことを考えて寺院や遺跡を訪れると、時間がいくらあっても足りない。

ヒンドゥー教寺院・遺跡に行く予定の人におススメ。

まとめ

タイプオススメガイドブック
北インドツアー
北インドの友人を訪ねる個人旅行
るるぶインド (るるぶ情報版)
北インドツアー(女性)
北インドの友人を訪ねる個人旅行(女性)
05 地球の歩き方 aruco インド (地球の歩き方aruco)
南インドツアーD36 地球の歩き方 南インド 2016~2017
アジャエロツアー地球の歩き方 D28 インド 2018-2019 【分冊】 3 西インド インド分冊版
その他ツアー①東インド012ブッダガヤ ~「悟り」と菩提樹 まちごとインド
その他ツアー②現地で売ってる薄い日本語のガイドブック
個人旅行・バックパッカーD28 地球の歩き方 インド 2018~2019 (地球の歩き方 D 28)
マイナーなところを含む個人旅行Lonely Planet India (Lonely Planet Travel Guide)
Komeのアイコン
Kome

自分にあった一冊で素敵なインド旅行を!

インド旅行のご相談はインスタ、またはTwitterのDMでいつでも受け付けています💓 わかる範囲内でお答えいたします💓

インスタはフォロワーさんからのメッセージしか見ていません。すいません。