Loading...

[期間限定] Kindle Unlimited 初月無料 or 2か月299円

【冬の札幌】さっぽろホワイトイルミネーション(日本三大イルミネーション)

タイトル画像(【冬の札幌】さっぽろホワイトイルミネーション(日本三大イルミネーション))

ナマステ、インド在住(現在一時帰国中)のKome(@chankomeppy)です。

冬の札幌は美しいと改めて思う。

冬の札幌といえば「さっぽろ雪まつり」が世界的にも有名だが、今年はコロナの影響で中止…。

しかーし!「さっぽろホワイトイルミネーション」は今年も開催。日本で最初のイルミネーションとして1981年(昭和56年)に始まり、今回で第40回目の開催となる。

1,048個の電球を使ったクリスマスツリーを模した小さな電飾から始まった同イベントは、現在では約73万個もの電球を使い、札幌市内中心部を美しく灯し、札幌に冬の到来を告げている。

札幌ホワイトイルミネーションは、長崎のハウステンボスと栃木の足利フラワーパークと並んで「日本三大イルミネーション」にも選ばれており、日本有数の大規模で美しいイルミネーションであることが分かる。

せっかく開催期間中に札幌にいるので(ホワイトイルミネーション期間に札幌にいるのはおそらく7~8年ぶり)、美しいイルミネーションを見てきたよ ෆ(◕ㅂ◕)ෆ

▼目次はこちら (クリックして表示)

第40回さっぽろホワイトイルミネーション概要

以下の5会場で開催、点灯時間は16時30分(日没)から20時まで。(例年は22時まで)

  1. 南一条通(西1丁目~3丁目)
    2020/11/20~2021/3/14
  2. 大通公園(1丁目~6丁目)
    2020/11/20~2021/2/28
  3. 駅前通(北4条~南4条札幌駅前通中央分離帯)
    2020/11/20~2021/2/28
  4. 札幌市北3条広場「アカプラ」(北2条西4丁目及び北3条西4丁目)
    2020/11/20~2021/3/14
  5. 札幌駅南口駅前広場(北5条西3丁目)
    2020/11/20~2021/3/14

南一条通

すすきのから大通にかけてのメイン通り沿いの木々が金銀にライトアップされていた。

当たり前の光景すぎて写真に収めていませぬ~。手元に画像がないため公式サイトよりお借りしました。

さっぽろホワイトイルミネーション南一条通り①
画像出典:札幌ホワイトイルミネーション公式サイト

大通公園

さっぽろホワイトイルミネーション最大の見どころ!

通常時はミュンヘンクリスマス市も同時開催されるが、今年はコロナの影響で中止。

大通1丁目:約束のラブ・ツリー

まずはテレビ塔がある大通1丁目。この会場のテーマは「LOVE」。

赤を基調としたイルミネーションで心がほっこりと温かい気持ちなった

札幌ホワイトイルミネーション大通1丁目①
ハートのモチーフが施されたラブ・ツリー(2020年12月上旬撮影)

札幌ホワイトイルミネーション大通1丁目②
ラブ・ツリーと札幌のシンボルテレビ塔(2020年12月上旬撮影)

大通2丁目:クリスマスオブジェ「Gift of Snow」

西に進み大通2丁目へ。

青を基調としたイルミネーションは、医療従事者等に対する感謝や差別・偏見防止の啓発を目的としているそうだ。

会場中央には、白いオブジェが設置されていた。これはドイツの伝統的なクリスマスオブジェであるクリスマスピラミッドだそうで「Gift of Snow」と名付けられていた。

さっぽろホワイトイルミネーション大通2丁目①
クリスマスピラミッド「Gift of Snow」がクリスマスムードを演出(2020年12月上旬撮影)

さっぽろホワイトイルミネーション大通2丁目②
年明けに訪れたら「Give of Snow」が消えていた(2021年1月中旬撮影)

年明けに訪れると、クリスマスピラミッド「Give of Snow」は撤去されており、会場はまっさらになっていた。クリスマスまでの設置だったのだろうか。

せっかくお金をかけて設置したオブジェなんだからクリスマス後もそのまま置いておいてもよいのではないかと個人的には思ったが(オブジェの名前も「クリスマスほにゃらら~」ではなく「Give of Snow」なんだし)、ここら辺の切り替えが早いところ非常に日本的だな、と思った。

オブジェも何もない会場全体が雪で覆われ、立ち木の電飾が白い雪を青く染めていた。これぞホワイトイルミネーション。

結論、オブジェがあってもなくても、美しい。

大通3丁目:花咲く「ブルーミング・ファウンテン」

大通公園の中心である3丁目には、ライラックの花をモチーフにした大型イルミネーションが会場中央の噴水に設置されており、圧倒的な存在感を示していた。

「ライラック」は札幌市民にとっては身近な植物だ。ライラックは札幌の木に指定されており、大通公園にも約400本のライラックの木がある。初夏には紫色の花が札幌を彩り、大通公園で「ライラックまつり」が開催される。

さっぽろホワイトイルミネーション大通3丁目①
ブルーミング・ファウンテン(2020年12月上旬撮影)

ライラックモチーフのイルミネーションは存在感があり、写真映え抜群。水の流れを表しているような曲線は躍動感があり美しかった。

ライラックの花は初夏の訪れを告げるものであるが、こうやって真冬にイルミネーションとして見るのもよい。ライラックのイルミネーションを見ることができるのは、おそらく日本全国で札幌だけだろう。

さっぽろホワイトイルミネーション大通3丁目②
紫のグランドイルミネーションが会場全体をライラック色にしていた(2020年12月上旬撮影)

12月に訪れた際は結構賑わっていたが、年明けに訪れるとほとんど人がおらず閑散としていた。まぁ、一度見たら満足するし、寒い中わざわざ何度も訪れる必要はないからね。

さっぽろホワイトイルミネーション大通3丁目③
人がほとんどいない大通公園3丁目会場(2021年1月上旬撮影)

人がほとんどいない中、白い大地に堂々と光を放つ巨大なライラックのイルミネーションは、どこか幻想的でもあった。

大通4丁目:輝きの「ジュエリー・パレス」

大通公園4丁目には、ダイヤモンドをモチーフにした光の宮殿「ジュエリー・パレス」と、会場中央の噴水を使ったイルミネーションが設置されていた。

さっぽろホワイトイルミネーション大通4丁目①
ジュエリー・パレスと噴水(2020年12月上旬撮影)

噴水から宝石が流れ落ちるかのような、ラグジュアリーな雰囲気がむんむん。

さっぽろホワイトイルミネーション大通4丁目②
大通公園4丁目も大通公園の中心なので、12月上旬はかなりの賑わい(2020年12月上旬撮影)

さっぽろホワイトイルミネーション大通4丁目③
青と緑のグランドイルミネーションはテレビ塔の電飾ともマッチ(2020年12月上旬撮影)

さっぽろホワイトイルミネーション大通4丁目④
ジュエリー・パレスと噴水(2021年1月中旬撮影)

年明けに改めて訪れると、12月上旬とは違う雰囲気を感じた。

12月上旬は、噴水のイルミネーションを見て噴水から宝石が流れ落ちるような豪華さ感じたが、雪景色の中だと噴水の水が凍ってつららで覆われているように見えて、凍てつくような冷たさを感じた。

見ているイルミネーションは間違いなく同じなのに、その時の気温や、雪があるかないかで印象がこんなにも変わってしまうんだね。

ジュエリー・パレス内のトンネル(2021年1月中旬撮影)

ちなみに、ジュエリーパレスはトンネルになっているので、イルミネーションの中を歩くことができる。1月はほとんど人がいないので貸し切り状態である。

大通5丁目:微笑みの「トゥインクル・ガーデン」

大通5丁目では、金色に輝く小さなイルミネーションが会場のあちこちに散りばめられていた。

一つ一つは小さなイルミネーションだが、会場全体を集合体として見ると、小粒な宝石が無数にあるようにも見えて、可愛らしかった。

さっぽろホワイトイルミネーション大通5丁目①
さっぽろホワイトイルミネーション大通5丁目②
たくさんの小さなイルミネーションがキラキラと輝く。(2020年12月上旬撮影)

さっぽろホワイトイルミネーション大通5丁目③
存在感のあるツリー型のイルミネーション(2020年12月上旬撮影)

大通6丁目:煌めきの「フォレストサークル」

大通公園会場のラストは、6丁目。

緑色に照らされた会場の中は冬の森を表現しているのだろうか。その中に円形の「光の迷路」が設置されていた。

さっぽろホワイトイルミネーション大通6丁目①
さっぽろホワイトイルミネーション大通6丁目②
光の迷路(2012年12月上旬撮影)

馬のイルミネーションは流れるように動くので、まるで馬が走っているかのようだった。JRAがスポンサーなのかな?と思ったり。(→調べてみたところ、やはりスポンサーだった)

本物のツリーも設置されいて、森らしさを高めていた。。

さっぽろホワイトイルミネーション大通6丁目③
緑色のグランドイルミネーション(2020年12月上旬撮影)

駅前通

大通りから札幌駅にかけてのメイン通り(駅前通り)の中央分離帯の木々もライトアップ。

さっぽろホワイトイルミネーション駅前通り①
大通周辺(2020年12月上旬撮影)

さっぽろホワイトイルミネーション駅前通り②
大通ビッセ前(2021年1月上旬)

さっぽろホワイトイルミネーション駅前通り③
札幌駅周辺(2020年1月上旬撮影)

札幌市北3条広場「アカプラ」

赤レンガテラスの横から北海道庁前のイチョウ並木を望むことができるが、ここもライトアップされている。

このイチョウ並木は北海道で現存する最古の街路樹並木で、大正14年に植えらたもの。

まだ葉のない春、緑が生い茂る夏、黄色い絨毯が広がる秋、そして冬はイルミネーションで鮮やかに彩られる。

↑ちなみにこの動画は、5倍速にして元の音をミュートにし、別のBGMをつけている。というのも、風が吹く音がビュンビュンうるさかったものでして。

本来は、ゆっくりと徐々に色を変え、音楽とイルミネーションが連動して色を変えてゆく。

▼このように、様々な色に変化する。
さっぽろホワイトイルミネーション赤レンガ①
さっぽろホワイトイルミネーション赤レンガ②:title
さっぽろホワイトイルミネーション赤レンガ③
さっぽろホワイトイルミネーション赤レンガ④
さっぽろホワイトイルミネーション赤レンガ⑤
さっぽろホワイトイルミネーション赤レンガ⑥
さっぽろホワイトイルミネーション赤レンガ⑦
さっぽろホワイトイルミネーション赤レンガ⑧
さっぽろホワイトイルミネーション赤レンガ⑨

2020年12月下旬撮影。写真を撮影している最中にいきなり吹雪始め、最後の方の写真は吹雪の強風によって雪が横殴りに降っている様子が分かると思う。ついうっかり手袋を履かずに撮影してしまっため、手が死んだ。手にぬくもりを復活させるまでに時間を要したよw

札幌駅南口駅前広場

最後の会場、札幌駅南口の駅前広場。

さっぽろホワイトイルミネーション札幌駅前南口広場①
大丸札幌店とイルミネーション(2021年1月上旬撮影)

さっぽろホワイトイルミネーション札幌駅前南口広場②
JRタワーとイルミネーション(2021年1月上旬撮影)

さっぽろホワイトイルミネーション札幌駅前南口広場③駅前広場のななかまどの木(2021年1月上旬撮影)

ライトアップされている立ち木に近づくと、ななかまどだった。

冬でも赤い実をつけているななかまど。そういえば、北海道ではあちこちにあるが、東京で見たことはなかったような。こんなところでもFeel Hokkaido。

さいごに

今年は雪まつりが開催されない代わりに(?)、さっぽろホワイトイルミネーションの期間が例年よりも長い。

通常であれば、今頃は大通り公園で雪まつりの雪像を製造している時期なんだよなー、と思うと少し寂しくもあるが、イルミネーションを見てその寂しさを紛らわそう。

さっぽろホワイトイルミネーションは「日本三大イルミネーション」のひとつであると冒頭に書いたが、このアワードの運営機関である夜景観光コンベンション・ビューローは「新日本三大夜景」というアワードも設けており、札幌は長崎に次いで第二位である。

札幌はイルミネーションだけでなく夜景もきれいなので、凍えながら冬の夜景を撮りに行こうかな…だなんて考えたり。

最近のコロナの影響で旅行もできないので、近場で自己満の趣味を楽しもうかしら。

最後までお読みいただき有難うございました♪