Loading...

[期間限定] Kindle Unlimited 初月無料 or 2か月299円

SWATCH(スウォッチ)の電池交換手順。自分で簡単に交換できるよー♪

タイトル画像(SWATCH(スウォッチ)の電池交換手順。自分で簡単に交換できるよー♪)

ナマステ、インド在住(現在一時帰国中)Kome(@chankomeppy)です。

インドに帰国するにあたり荷物の整理をしていたところ、SWATCHが出てきた。

そういえばまだ日本に住んでいた頃、ポップなデザインが好きで集めていたっけ。

インドでもまた使おうと思うも、電池が切れていたので交換することに。

SWATCHの店舗に持ち込めば無料で交換してくれるようなのだが、あいにく今いる札幌にはSWATCHの店舗がない。(無料で電池交換できる店舗一覧

時計屋さんに持っていくと1,000円~1,500円取られてしまうので、今回は自分で電池交換してみた

▼目次はこちら (クリックして表示)

今回電池交換する時計の概要

SWATCH WHITE LACQUERED SUOW100

今回電池交換するのはWHITE LACQUERED SUOW100というモデル。

購入したのはなんと2014年2月、6年前。記憶が正しければ1万5000円くらいで購入したような気がする。

一体いつ頃電池が切れたのかは不明。にしても、6年たってもいまだ色褪せぬデザイン。カラフルな歯車がおしゃれでかわいい。

shop.swatch.com

電池交換手順

さて、ここからが本題。

SWATCHの電池交換をするために必要となるものは、500円玉新しいボタン電池

SWATCH電池交換手順1

まず、電池のモデルを確認する。

時計本体の裏側に電池のモデル番号が書かれている。画像の赤枠で囲まれたところ。

私の時計には「BATTERY 390 SR1130SW」と書かれている。

SWATCH購入時はRenata(レナータ)製のボタン電池が入っているが、SONY(ソニー)やmaxell(マクセル)製の電池も大丈夫。

私はmaxellのボタン電池を購入。Amazonで490円だった。

SWATCH電池交換手順2

ボタンが手元に届いたら、いざ交換作業開始!

電池の裏蓋の溝に500円玉をはめて力強く矢印の方向に回すと、裏蓋が開く。

500円玉が溝にうまくはまらず滑るような感覚があるが、あきらめずに力強く押すようにして回せば(正確には動かせば)、いつかは開く。

SWATCH電池交換手順3 SWATCH電池交換手順4

「+」と書かれた方が上になるように電池を入れる。

SWISS MADEのRenata製もいいが、日本人の私は「Japan」の刻印に心惹かれるね、安心の日本製。裏蓋を閉めたら見えなくなるが、金色もカッコイイw

SWATCH電池交換手順5

電池の上に裏蓋を載せて押さえつけ、裏蓋を閉じる前に時計の針が動いているかを確認。

動作確認が完了したら、500円玉を使って裏蓋を少し回して閉じれば完成!

SWATCH電池交換手順6

お疲れ様でしたෆ(◕ㅂ◕)ෆ

さいごに

SWATCHの電池交換があまりにも簡単すぎたので、日常用のカワイイ時計はすべてSWATCHにしてしまおうかと本気で検討している。

大げさでもなく、盛ってもおらず、本当に心の底からそう思うわ。

かつて集めていた他の子たちの電池交換もしたいが、おそらく実家のクローゼットの奥底に眠っているため発掘困難。ゴメンネゴメンネー

とりあえず、この子に再び時計としての命を与えられてよかったわ。インドで第二の人生を送ろうね。

最後までお読みいただきありがとうございました♪

AmazonのSWATCHストアを見る