Loading...

プロフィール

プロフィール

最終更新日:

どんな人がこのブログを運営しているのかご興味を持っていただきありがとうございます。

ちゃんこめBlogを運営しているKomeと申します。

Komeのアイコン
Kome

Komeです。ブログ初心者ですがどうぞよろしくお願いします。

ブログ運営者のプロフィール

北海道生まれ、北海道育ちの道産子、大学生まで北海道でのびのびと過ごし、就職で上京。新卒の会社で5年間働いてインドへ。インド在住5年目になりますナウ!

なぜインド?

インドに住んでいると「なぜインドに来たのか」とよく聞かれる。

駐在員とかではなく、自らの意思でインドに住む人は主に以下の3パターンに分けられる。

  1. インドが大好きな人
  2. 彼氏がインド人という人
  3. 英語を使う国で働きたい人

私は「①インドが大好きな人」であるが、インドを好きになったきっかけを遡ると、マイケルジャクソンに辿り着いた。

インドを好きになったきっかけ

中学時代、英語を勉強するのが好きだった私は、カッコつけて洋楽を聞いていた。その中でマイケルジャクソンに衝撃を受け、ファンになり、タワレコでCDを買いあさった。 勉強そこそこスポーツそこそこの、ありがちな普通の中学校生活を送る。

▼一番好きな歌はSmooth Criminal

マイケルが性的虐待の裁判で音楽活動を全然していなかったので、高校時代はメジャーデビュー前のKAT-TUNに熱狂(亀ちゃん担当)した。グッズ代を稼ぐために、KAT-TUNの動画を毎日メルマガで配信したり、ガラケー用個人ホムペを運営したりして、アフェリエイトなどでそれなりの収益をあげた。部活と勉強以外の時間のほとんどはKAT-TUN関連に費やし、オタク度を高めた。

▼一番好きな歌はLe ciel(ル・シエル)

KAT-TUNがメジャーデビューすると熱が下がってしまい、大学時代はK-POPにハマった。特にBIG BANGと2NE1が好きで、カラオケで上手く歌えるようになりたくてハングルを勉強したのに、今ではもうすべて忘れてしまっている。

▼一番好きな歌は、赤い夕焼け(ぷるぐんのうる)

ちょうどこの頃、中学の時から大好きなマイケル・ジャクソンがThis is it Tourを開催するとアナウンスをした。ヨーロッパに留学している友人にチケットを取ってもらい、私たちはロンドンで参戦する予定だったが・・・マイケルが亡くなる😢

ジャニオタ時代に培ったオタク精神&追及心により、マイケルの出身地であるアメリカに行ってみたいと思い始めたのだが、留学ができる語学力ではなかった&ダブりたくなかったので、夏・冬休みを利用してロサンゼルスとNYに旅行(兼短期語学留学)をすることにした。

1か月強の語学学校(しかも授業は午前中だけw)で英語力は全然向上しなかったが、語学学校に行った意味は英語以外の面であった。それがアジア人学生との出会いである。私はK-POPを共通の話題にすることでタイ人や韓国人と仲良くなり、次第に彼らの国に興味を持ち始めた。

それまでは「海外」=「欧米」という謎の固定概念に囚われ、アジアは全く眼中になかったのだが、アジアの国々を訪れてみたい!と強く思うようになる。

というわけで、翌年の夏休みに東南アジアを周遊。ナニコレ!楽しい!エキゾチックな異文化、南国、ご飯は美味しく物価も安くて最高!

東南アジア旅行を楽しんでいると、数名のヨーロッパ人バックパッカーから「東南アジアが好きならインドも好きになると思う」と言われ、インドに興味を持つようになり、大学4年生の時にインド初訪問。

初めてのインドはとても刺激的で、すぐにインドのトリコになった。3週間で北インドとネパールを駆け足で旅行したのだが物足りず、他の地域も訪れてみたいと思い始める。

就職して上京し、東京でOL生活を楽しむ。年に数回の海外旅行を楽しみにしていたが、有給がほとんどとれない環境だったので弾丸旅行がキホン。サラリーマンにはこれが普通と思っていた(自分に言い聞かせていた)が、欧米のお客さんがクリスマス休暇でドーンとまとめて数週間休んでいるのを見て、日本がオカシイと気付いたのが社会人5年目(遅い😂💦)

自分が一番旅行したい国に転職しようと思い(平日は働き週末は旅行というスタイル夢見ていた)、「インド」が浮上。インド、特に金融と娯楽の中心地のムンバイに住みたいと思いムンバイに住むことに...! 今に至る。

趣味

旅行

インド国内、ときどき海外。もともと旅行をしたくてインドに住み始めたので、最低でも月イチでどこかに旅行するように心がけている。

訪問国は29か国・地域
目標は訪問国数=自分の年齢。目標まであともう少しだよ~

アジア:16か国

韓国の国旗
韓国
マレーシアの国旗
マレーシア
タイの国旗
タイ
ラオスの国旗
ラオス
カンボジアの国旗
カンボジア
シンガポールの国旗
シンガポール
インドの国旗
インド
ネパールの国旗
ネパール
台湾の国旗
台湾
フィリピンの国旗
フィリピン
バングラデシュの国旗
バングラデシュ
中国の国旗
中国
香港の国旗
香港
マカオの国旗
マカオ
インドネシアの国旗
インドネシア
トルコの国旗
トルコ

中東:1か国

オマーンの国旗
オマーン

ヨーロッパ:9か国

ポーランドの国旗
ポーランド
チェコの国旗
チェコ
ベルギーの国旗
ベルギー
エストニアの国旗
エストニア
ラトビアの国旗
ラトビア
リトアニアの国旗
リトアニア
ハンガリーの国旗
ハンガリー
ドイツの国旗
ドイツ
ブルガリアの国旗
ブルガリア

北米:3か国

アメリカの国旗
アメリカ
カナダの国旗
カナダ
メキシコの国旗
メキシコ

インド国内は70か所くらい訪問しますた。
インド旅行歴

インド旅行に関する記事も書いています。
インド旅行に関する記事一覧

ヘナタトゥー

インドで初めてのヘナタトゥーは2016年にジャイプールの道端で50ルピーでやってもらったもの。「自分でもできそう」と思って試しにやってみたところ、結構いい感じにでき、それ以来地味にハマっている。

自分でデザインを考えられるほどのレベルには達していないので、ネットからプロたちのデザインをパクり続けているため、全然上達しない。

Instagramで「#ヘナ記録」を見る

ヨガ

もともと日本でもすこ~しYogaっぽいことをしていたのだが、完全にフィットネス。インドにきてから本格的に始めてみたところ、ポーズを取るだけがヨガではないのだと知り、ヨガの魅力にどんハマり中...

ヨガに関する記事も書いています。
ヨガに関する記事一覧

ランニング

インドでは娯楽が少なくやることがあまりないのと、わたしはインドのヘビーなスナックが大好きなので、健康のために走るようにしている。意識的に運動をしないとすぐ運動不足に陥ってしまうのがインド生活の辛いところ。

インド最大級のマラソン大会、ムンバイマラソンに2017年から毎年出場している

2017年、初めてのフルで6時間29分30秒(制限時間は6時間30分、ぎりぎり😂)フルを走る体力はないのだと悟り、それ以降はハーフに参戦。(ただの練習不足である)

2018年

  • 2時間24分42秒(1月 ムンバイマラソン)

2019年

  • 2時間09分11秒 (1月 ムンバイマラソン)
  • 2時間31分00秒 (10月 デリーハーフマラソン)

2020年

  • 2時間40分48秒 (1月 ムンバイマラソン)
  • 2時間20分29秒 (2月 マハラシュトラ警察国際マラソン)

インドでのランニングなど、インド生活に関する記事も書いています。
インド生活に関する記事一覧


マイペースにインド生活、インド旅行やヨガのことについて書いていきます(ᐢoᐢ)/

フォローしていただけると喜びます!!

Instagram

Twitter

はてなブログ(読者登録)

お問い合わせ・執筆依頼はお問い合わせフォーム、またはTwitterのDMよりお願いいたします。

お問い合わせフォーム